チント新エネルギー総裁の陸川氏が 「ブルームバーグ未来エネルギーアジア太平洋サミット」に出席
Source: Time:2018-12-12 16:55:14 Author: Browse:164 times

1127日に、年に1回行われるブルームバーグ未来エネルギーアジア太平洋サミットが上海で盛大に開催された。日本企業の株式会社Looopの中村創一郎氏や富士通の金光英之氏、外務省の孫崎馨氏を始め、エネルギー分野の多くの有名企業や機関がこのサミットに出席しました

image.png

image.png

業界で最も影響力のあるリーダーの一人として、チント新エネルギー総裁の陸川氏が、「太陽光発電業界--価格圧力を打ち破る道」についてのシンポジウムのパネリストとして参加しました。

 

今回のシンポジウムには、他にアトス董事長の瞿暁鏵氏、隆基総裁の李振国氏、SUNGROWPOWER副総裁の趙為氏及びARCTECHSOLAR総裁の容氏が参加しています。シンポジウムにおいて、事業者の数が最も多く、発電所の建設や運営・メンテナンスについて豊富な経験を持つ会社として、チント新エネルギーは会場の参加者から広く注目を集めました。司会者とのやり取りの中で陸川氏は「チント新エネルギーは業界で十数年間に渡り幅広く追求を行い、以前から『全世界でトップを走るクリーンエネルギーソリューションサプライヤー』としての展望を考案し、それを実現させるため各方面から努力をしてきました。また、太陽光発電所のコスト低減から、グループの優位性を活用した電気部品の最適化(システム部品の自己電力消費)、更に人力、システム効率と共同でのコスト低減を実現し、目標は低コストの太陽光エネルギーによるクリーンエネルギーを作ると同時に、高電力の出力品質を向上させ、電力を安定的に提供できるようしていきたい」と語りました。

image.png

(写真右から3人目がチント新エネルギー 陸川氏)

チント新エネルギーは、発電所並びに持株発電所の運営データを多数持っており、加えて第三者発電所への運営・メンテナンスのサポートで蓄積してきたデータはアメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、東南アジアの異なる気候や物理的条件をカバーしていることを強調しました。これらの大容量のデータや多くの経験は大きな力となり、企業の展望の実現に向けて努力していることで、ブルームバーグから長年に渡りTier1のアッセンブリー製造業団体の評価を得ています。

https://v.qq.com/x/page/i08036o5wxn.html  对话节选