About us about us | chint energy
企業情報

アストロナジー/チントソーラーは、チントグループの専門子会社であり、太陽光発電所開発および太陽光モジュール製造に従事しています。 アストロナジーは、現在6000 MWpの太陽光自社発電所と5000 MWpの太陽光モジュールの生産能力を保有する中国最大の太陽光発電企業の1社です
当社の資本金総額は、93.8億人民元1,416億日本円。チントグループの充実した産業チェーン展開と太陽光モジュールの専門チームの優位性の一つとして、お客様に太陽光発電所のワンストップソリューションを提供することが可能です。

アストロナジーは、2014年にドイツのフランクフルトにある太陽光モジュール工場を買収し、ドイツの太陽電池モジュール製造会社の国内合併および買収を初めて行いました。
地方政府もまた、主要道路の1つを 「CHINT Avenue」 と名付けました。

アストロナジーは、中国だけでなく、タイ、スペイン、米国、インド、ブルガリア、ルーマニア、南アフリカ、日本など、世界各地に太陽光発電所を建設しています。アストロナジーは、過去2年で住宅用屋上発電所ソリューションを立ち上げたことで、設備容量は30万世帯以上に達しました。



  • 中国の主要太陽光発電
    会社のひとつ

  • 太陽光発電システムソリュー
    ションプロバイダー

  • ドイツ品質

  • Bloomberg Tier 1
    太陽光モジュールプロバイダー

チントの文化

チントは、活力、革新、起業家精神を振興し、不屈の精神で邁進する企業です。

チントは、調和/学習/実践/確信の価値を信じ、常にそれらを遵守しています。

ビジョン: 知的エネルギーソリューションの主要なプロバイダーであること。


道しるべ
グローバル化
製造


 ドイツでは、アストロナジーがコナジー社のモジュール工場を買収しました。 

 タイでは、600MWの太陽電池工場が2016年に正式に稼動しました。 

中国では、アストロナジーがよりスマートで柔軟に生産を行うため "インターネット+"戦略を開始しました

1590392322153150.png

タイ工場)

海宁工厂2020 年截图7比5.jpg

海寧工場)

杭州航拍图-微信截图.jpg

杭州工場)